​■ストーリー■

​みんな洗脳されている!!

関東地方の端に『カガミノ村』という異質で閉鎖的な村があった。

社会から隔離されたその村には

顔さえ分かればどんな人間でも呪うことができる奇妙な一族がいた。

主人公の鏡野真白(かがみの・ましろ)は村長の跡取り息子。

彼は『呪い』と呼ばれる家業を父親に命じられるがまま執り行う日々を送っていた。

家族、クラスメイト。

楽しい仲間達と充実した学校生活を過ごしていた真白だったが

ある日彼のもとに『人殺し』と書かれた血文字の手紙が届く。

その日を境に、平和だった日常が崩壊していく。

© 2020 ポロンテスタ・まっしろどぐま

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now